弁護士に相談するメリット

交通事故の被害にあった際、絶対にやってはいけないのは、その場で示談をしてしまうことです。特に軽度の事故の場合、警察を呼ばずにその場で示談を済ませたがる加害者が多いですが、それは交通事故において最もしてはいけない事です。交通事故の被害者になってしまったら、できるだけ早く交通事故に強い弁護士に相談しましょう。

早期に弁護士に相談する事で、事故後の面倒な手続きや交渉を、弁護士に一任することができます。加害者側の保険会社は、隙あらば加害者側に有利な条件で示談の幕引きを図ろうとしてきますが、弁護士に依頼していれば、保険会社もこちらの足元を見て交渉しようとしてくることは少なくなります。交渉を弁護士に一任する事で怪我の治療にも専念できますし、弁護士に依頼する事で大きなメリットが得られます。

しかし、弁護士に依頼すると費用が掛かってしまうのではないかと思って躊躇する方も多いです。日本では弁護士への依頼というのはまだまだ一般的ではなく、敷居が高いイメージです。多くの弁護士事務所は、着手金と成功時の報酬に交通費などの実費を追加した金額が弁護士費用として請求されます。着手金の相場は20万円程度ですが、中には着手金なしの完全成功報酬を採用しているところもあります。交通事故の場合、被害の大きさによって費用も変わるので、まずは信頼できる弁護士選びをするのが大切です。