示談金交渉も弁護士に

交通事故の場合、必ず警察を呼ぶ必要があります。しかし、警察は事件性がないと判断した場合、民事不介入でその後の交渉は加害者と被害者の間での示談となります。基本的には加害者は加害者側の保険会社が窓口になるのですが、被害者側は自分で交渉するか、弁護士を窓口にするしかありません。

交通事故の示談金を決める上で最も重要なのは、怪我の度合いと後遺症です。治療が長引くほど治療費や通院費の支払いもかさみますし、後遺症が大きければ、それだけ示談金の額も上がります。そのため、加害者側の保険会社は治療の早期打ち切りを促してくる場合が多いのです。

しかし、弁護士に交渉を依頼していれば、加害者側からの余計な提案に惑わされることなく、しっかりと適切な治療を受けることができます。また、後遺症に関しても、弁護士が交渉に関する書類を作成する事で、適正な後遺障害等級認定を得ることができます。交通事故の後遺症の認定は非常に面倒な手続きがありますが、弁護士に依頼する事によって、適正な額の損害賠償金を受け取れる可能性が高くなるのです。

示談交渉の面倒なやり取りを任せられるだけでなく、示談金を適正な額で受け取るためにも、弁護士を間に入れる事は被害者にとってメリットが大きいです。

弁護士に相談するメリット

交通事故の被害にあった際、絶対にやってはいけないのは、その場で示談をしてしまうことです。特に軽度の事故の場合、警察を呼ばずにその場で示談を済ませたがる加害者が多いですが、それは交通事故において最もしてはいけない事です。交通事故の被害者になってしまったら、できるだけ早く交通事故に強い弁護士に相談しましょう。

早期に弁護士に相談する事で、事故後の面倒な手続きや交渉を、弁護士に一任することができます。加害者側の保険会社は、隙あらば加害者側に有利な条件で示談の幕引きを図ろうとしてきますが、弁護士に依頼していれば、保険会社もこちらの足元を見て交渉しようとしてくることは少なくなります。交渉を弁護士に一任する事で怪我の治療にも専念できますし、弁護士に依頼する事で大きなメリットが得られます。

しかし、弁護士に依頼すると費用が掛かってしまうのではないかと思って躊躇する方も多いです。日本では弁護士への依頼というのはまだまだ一般的ではなく、敷居が高いイメージです。多くの弁護士事務所は、着手金と成功時の報酬に交通費などの実費を追加した金額が弁護士費用として請求されます。着手金の相場は20万円程度ですが、中には着手金なしの完全成功報酬を採用しているところもあります。交通事故の場合、被害の大きさによって費用も変わるので、まずは信頼できる弁護士選びをするのが大切です。

交通事故は弁護士に相談

もしも自分が交通事故の被害者になってしまったら、どのようにして行動するのがベストかというのは、とっさにはすぐにわからないものです。交通事故の被害者になってしまった場合、事後処理や示談交渉など、やるべきことはさまざまです。自分一人で進めようとすると、どうしても足りない部分が出てきてしまいます。そのため、交通事故が起こった時には、弁護士に依頼するのがベストです。交通事故の時、弁護士に相談するべきメリットについて解説します。

交通事故の被害に遭った場合、最も大切なのは示談交渉です。しかし、個人で示談交渉を進めようとすると、示談交渉は上手くいかないものなのです。示談交渉は、加害者と被害者の間で行われるものですが、加害者側の保険会社が関わってきます。また、過失割合や被害の程度によっても示談の内容は変わってきますので、交通事故と示談交渉の知識がかなり深くないと、自分にとって有利に交渉を進めるどころか、本来の賠償額より損をしてしまう事もあります。

交通事故のトラブルは、弁護士に依頼するのが一番です。専門的な知識を持つ弁護士に間に入ってもらう事で、示談交渉が円滑に進み、示談金を多く得ることができたというケースも多いです。被害者個人で示談交渉をしようとすると、どうしても相手側の保険会社に有利なペースで交渉を進められてしまいます。被害者にとって、弁護士は唯一の味方になるのです。

交通事故というのは、自分で思っている以上にストレスを受けるものです。怪我の度合いに関わらず、長引く示談交渉に嫌気がさし、つい相手側の保険会社の言いなりになってしまい、後で後悔するケースも後を絶ちません。自分が損をしないためにも、信頼できる弁護士に相談するのが一番です。

このサイトでは、万が一の交通事故に遭遇した場合に役立つ知識を紹介します。